ガーデンリフォーム工事施工事例集

ウッドフェンスを巧みに使ったナチュラルセミクローズエクステリア〜大山様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

エクステリアにウッドフェンスを追加して過ごしやすくリガーデン

長年住むことによって、エクステリアにおける不満が明確化してきた大山様。開放的すぎたお庭に仕切りとしてウッドフェンスを設けることで、適度なプライバシーが保たれるようになりました。ウッドフェンスに合わせて門まわりもナチュラルにリガーデン。オリジナルの機能門柱は、ウッドフェンスと同じ木材を使用しています。表札兼インターホンカバーやポストはロートアイアン製で統一しています。
ウッドフェンスは既存の植栽の邪魔にならないよう、エクステリアの外周全てではなく視線の気になるポイントにのみ造作しています。猫ちゃんが出入りしやすいよう、フェンスの下部には猫窓を設けました。これなら猫ちゃんも自由に行き来できますね。愛猫家必見のアイディアです。フェンスの上部にはロートアイアンの猫ちゃんが寛いでいます。愛猫を思わせるようなアイテムですね。エクステリアに愛着を感じさせるアイテム取り入れるのも大事なポイントです。

DESIGN POINT 2

ウッドに囲まれたエクステリアはまさに癒やしの自然浴空間

歩を進めた先にあるガーデンスペースはウッドポールでカバーされています。乱杭上に施工されたウッドポールがリズミカルで素敵ですね。ウッドポールにはロートアイアン製のフックを取り付けました。ペットのリードやハンギングバスケットを掛けたりと様々な使い方ができます。エクステリアに使用した石材は乱形石やゴロタ石、ピンコロ石など多岐にわたります。自然素材のそれぞれの持ち味を活かしたガーデンスペースに。
エクステリアの床面は半円状の洗い出し仕上げと乱貼りを組み合わせてデザインしました。どちらもシックな色調なので、落ち着いた空間になっています。濡れ縁風のウッドデッキはピンコロ石でつくられた沓脱石をプラスしました。
半円の乱形石製デッキの上は、ハンモックが設置できるほどスペースにゆとりがあります。リガーデン前は細身の縦桟フェンスで敷地を区切っているのみでしたので、人の目が気になりガーデンスペースでくつろぐことが出来ませんでしたが、ウッドフェンスや植栽のお陰で視線がエクステリア内部に届かなくなったので、ガーデンスペースでゆったりとくつろげます。
太陽の光が降り注ぐ縁側に腰をかけてお茶を飲んだり、木々の香りを楽しんだり、生活に彩りや潤いを与えてくれる空間が出来上がりました。自然に囲まれたガーデンスペースは心からリラックスできる場所になるでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

建て替えて5年が過ぎ、解放感のある庭もいつしか道路を通る人の視線が気になりブラインドを下げている日が多くなっていました。
視線を気にせず家の仲間で日差しや風を感じる生活が出来たらとの思いで相談。
話を進めていく途中の何気ない一言から生まれた”フェンスにネコ窓を作りましょう”との提案だったり、縁側から出た所にお茶を飲んだりハンモックを楽しんだりが出来るスペースを作っていただき、心にゆとりある生活が出来るようにしていただいたことに感謝しております。本当にありがとうございました。

大山