ガーデンリフォーム工事施工事例集

シンプル×ナチュラルで理想のガーデンライフを〜斎藤様邸〜

garden-reform-saitou001
garden-reform-saitou002
garden-reform-saitou003
garden-reform-saitou004
garden-reform-saitou005
garden-reform-saitou006
garden-reform-saitou007
garden-reform-saitou008
garden-reform-saitou009
garden-reform-saitou001-サムネイルgarden-reform-saitou002-サムネイルgarden-reform-saitou003-サムネイルgarden-reform-saitou004-サムネイルgarden-reform-saitou005-サムネイルgarden-reform-saitou006-サムネイルgarden-reform-saitou007-サムネイルgarden-reform-saitou008-サムネイルgarden-reform-saitou009-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

大胆なゾーニングで「楽しい」と「暮らしやすい」を

お庭の大部分をカースペースと家庭菜園に使用した斎藤様邸。お客様用も含め2台分の駐車場は広々とした設計で大型のバンも出し入れが楽にできます。玄関と駐車場が分離したゾーニングなので、それぞれの空間を繋ぐ動線をつくり、駐車場までを最短距離で行き来できるようにしました。
お車の出入りは常に左側を走行するので、お車から見て左側の駐車場は直角ではなく斜めに間口を広げてあります。この部分を直角にすると、大きく回らないとお車をぶつけてしまいますし、大きなお車では出入りがしにくくなってしまいます。小さなポイントですが、これがあるとないとでは生活のし易さに大きな違いが出てくるのです。
カースペースから玄関に向かうアプローチは方形の自然石を組み合わせて、飛び石を配置しました。リズミカルにデザインされた動線は普段使いの道に楽しみを与えてくれます。
自然石は水に濡れると色が一層濃くなり、普段とは違う表情を見せます。石を多用したアプローチなので、雨の日のお出かけも憂鬱にならず楽しく歩けそうですね。
カースペースと玄関を結ぶ自然石の飛び石はタイルテラスにも伸びています。カースペース・玄関・ガーデンスペースの3箇所を結んでいるのでそれぞれのスペースを容易に巡ることが可能になりました。
元々あった機能門柱は壊さずに、クラッシュタイル風のネームプレートを新たに取り付けました。一手間加えるだけで雰囲気がガラッと変わり、オリジナリティ溢れる門まわりになります。カラフルなクラッシュタイルが玄関まわりに彩りを添えます。

ピンコロ石で造作した花壇は菜園とは違う植栽を楽しむ場として活用、化粧砂利は土の面をなくし泥の汚れを軽減する効果があるので、アプローチ全体が種類の違う石で見事にデザインされていますね。
掃き出し窓からお庭に広がるタイルテラスは黒一色で統一し、モダンな雰囲気を醸し出しています。石材がやわらかな色合いでまとめてあるので、タイルに濃い色を持ってくることで空間にメリハリが生まれました。
斎藤様のご趣味である家庭菜園スペースは、土上げしたタイルテラスによってリビングルームからより身近に感じられるようになりました。動線上に立水栓があるのもポイントで、収穫した野菜をすぐに水洗いし、リビングを通ってキッチンに持っていけます。わざわざ遠い玄関を通過しなくてもいいのは大きなメリットですね。
道路境界線と敷地内を隔てるフェンスは隙間の大きい横桟のものをチョイスし、内部の植栽を外からでも見られるようにしました。隙間があるので採光、採風の心配もなく植物にとって優しいデザインになっています。

Client Voice お客様の声

感想文

この度は、庭の外構工事をしていただき、ありがとうございました。
庭の工事を考えてからいくつかの店を回り、プランニングをしてもらいましたが、なかなかこちらが思うようなプランを作ってくれる所はありませんでした。
そんな中、癒樹工房の高橋さんにお願いしたところ、こちらの要望通りのプランを作って来てくれました。
すぐに癒樹工房さんに工事を依頼することに決め、打ち合わせを始めました。
打ち合わせの中でもこちらの要望や予算に合うようにプランを提案してくれました。
そして、工事が始まると真夏の暑い中での作業だったのにも関わらず、施工をしてくれた2人は毎日笑いながら楽しそうに工事をしてくれました。
そんな様子を見て、これは良い庭ができるだろうなと期待して完成を待っていたら、本当に良い、お洒落なお庭を作ってくれました。
癒樹工房さん、この度は本当にありがとうございました。

齋藤