既存のタイルテラスをデザインウォールで囲いリラックス空間にリガーデン〜K様邸〜

前開口サッシでリビングルームからタイルテラスまでフルフラットに設計したこだわりのデザインも、人通りが多くては心からリラックスして使うことはなかなか出来ませんでした。開放感の味わえるはずのファサードも夜はシャッターをしてなくてはいけない状態だったので、既存のタイルテラスをカバーするようにデザインウォールと金物のゲートを取り付けました。

[×]

シンボルツリーの配置はそのままに、木々の周囲をレンガで囲い特別感を演出。その奥には高めのウッドフェンスを設けて、ファサードのプライバシーを二重に守っています。ウッドフェンスは木目調のラッピングを施した金物のフェンスなので、耐久性に優れいつまでも美しいままです。

[×]

玄関へ通じるアプローチはコンクリート製の枕木と渋目のカラーの自然石のコンビですが、枕木は既存のものをそのまま活かして周囲に自然石を敷き詰めました。大幅なリガーデンではないので、これまでの使い勝手は変わらず今まで通りの動線になっています。

[×]

今回のリガーデンの最大の特徴である、目隠しのためのデザインウォールはまさにお庭の顔といえるほどのデザイン性を誇ります。落ち着いた色調の塗り壁を枠に、レンガと空洞ブロックで内部を構築し、アジアンテイストなレリーフを2対取り付けました。上部にはライトもセットしてあり、昼夜を問わず人の目を釘付けにします。

[×]

左官の仕上げは、技術の優劣が分かる櫛引き仕上げです。熟練の職人が手がけた丁寧な仕事は、ファサードのデザイン性の高さをさらに高めてくれます。デザインウォールを囲うように取り付けたのは、LIXILのGフレームです。木目の柱と梁の組み合わせが、タイルテラスを優しく守ってくれます。

[×]

デザインウォール、ウッドフェンス、Gフレームに守られたタイルテラスは、安らぎを感じられるプライベート空間へと進化を遂げました。どの角度からも人の視線を程よくカットしているので、いつまでもリラックスしてお庭で過ごすことが出来ます。

[×]

3方向をカバーしているのがそれぞれタイプの違う囲いなので、タイルテラスからの眺めも飽きが来ません。移動可能なファニチャーや鉢植えを配置換えすれば、いつもと違う雰囲気でひと時を過ごせることでしょう。

[×]

8\\\\r\\\\nウッドフェンスの足元も様々な異素材を組み合わせて、こだわりの空間にデザインしています。シンボリックに配置した丸いライトは、夜になるとより存在感を増します。

[×]

ウッドフェンスは全て板材を貼らず、人の視線が気になる場所にのみ取り付けました。細い隙間が圧迫感を軽減し、風通しをキープしています。視線の気にならない足元は大胆に空け、軽やかなデザインにしました。

[×]

ふんだんにライトを取り付けた夜の庭は、まるでショールームのように美しく光り輝いています。どの角度から見ても見事にライトアップされており、まさに一面がフォーカルポイントになっています。

[×]

囲いの内側もしっかりライトアップされているので、夜になってもアウトドアリビングを楽しむことが出来ます。ライトはいずれも低い位置にあるので、眩しさを感じずリラックスして過ごせるでしょう 。

[×]

隣地の生活環境が丸見えの空間には、デザインウォールと木目のタイルで作ったベンチを造作しました。真ん中に貼った擬石をライトが照らし、美しい陰影を楽しむことが出来ます。

[×]

リフォーム前はまさに全方向から丸見えの状態でした。せっかくのお庭もなかなか使うことがはばかられましたが、美しい囲いの出現でお庭の価値は大きく変わりました。

[×]

既存のタイルテラスをデザインウォールで囲いリラックス空間にリガーデン

前開口サッシでリビングルームからタイルテラスまでフルフラットに設計したこだわりのデザインも、人通りが多くては心からリラックスして使うことはなかなか出来ませんでした。開放感の味わえるはずのファサードも夜はシャッターをしてなくてはいけない状態だったので、既存のタイルテラスをカバーするようにデザインウォールと金物のゲートを取り付けました。
今回のリガーデンの最大の特徴である、目隠しのためのデザインウォールはまさにお庭の顔といえるほどのデザイン性を誇ります。落ち着いた色調の塗り壁を枠に、レンガと空洞ブロックで内部を構築し、アジアンテイストなレリーフを2対取り付けました。上部にはライトもセットしてあり、昼夜を問わず人の目を釘付けにします。
左官の仕上げは、技術の優劣が分かる櫛引き仕上げです。熟練の職人が手がけた丁寧な仕事は、ファサードのデザイン性の高さをさらに高めてくれます。デザインウォールを囲うように取り付けたのは、LIXILのGフレームです。木目の柱と梁の組み合わせが、タイルテラスを優しく守ってくれます。
デザインウォール、ウッドフェンス、Gフレームに守られたタイルテラスは、安らぎを感じられるプライベート空間へと進化を遂げました。どの角度からも人の視線を程よくカットしているので、いつまでもリラックスしてお庭で過ごすことが出来ます。

タイルテラスで過ごすゆったりとしたひととき

3方向をカバーしているのがそれぞれタイプの違う囲いなので、タイルテラスからの眺めも飽きが来ません。移動可能なファニチャーや鉢植えを配置換えすれば、いつもと違う雰囲気でひと時を過ごせることでしょう。
ウッドフェンスの足元も様々な異素材を組み合わせて、こだわりの空間にデザインしています。シンボリックに配置した丸いライトは、夜になるとより存在感を増します。
ウッドフェンスは全て板材を貼らず、人の視線が気になる場所にのみ取り付けました。細い隙間が圧迫感を軽減し、風通しをキープしています。視線の気にならない足元は大胆に空け、軽やかなデザインにしました。

b2013202c67a28873632565dc07dbba9