ガーデンリフォーム工事施工事例集

既存のタイルテラスをデザインウォールで囲いリラックス空間にリガーデン〜K様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

既存のタイルテラスをデザインウォールで囲いリラックス空間にリガーデン

前開口サッシでリビングルームからタイルテラスまでフルフラットに設計したこだわりのデザインも、人通りが多くては心からリラックスして使うことはなかなか出来ませんでした。開放感の味わえるはずのファサードも夜はシャッターをしてなくてはいけない状態だったので、既存のタイルテラスをカバーするようにデザインウォールと金物のゲートを取り付けました。
今回のリガーデンの最大の特徴である、目隠しのためのデザインウォールはまさにお庭の顔といえるほどのデザイン性を誇ります。落ち着いた色調の塗り壁を枠に、レンガと空洞ブロックで内部を構築し、アジアンテイストなレリーフを2対取り付けました。上部にはライトもセットしてあり、昼夜を問わず人の目を釘付けにします。
左官の仕上げは、技術の優劣が分かる櫛引き仕上げです。熟練の職人が手がけた丁寧な仕事は、ファサードのデザイン性の高さをさらに高めてくれます。デザインウォールを囲うように取り付けたのは、LIXILのGフレームです。木目の柱と梁の組み合わせが、タイルテラスを優しく守ってくれます。
デザインウォール、ウッドフェンス、Gフレームに守られたタイルテラスは、安らぎを感じられるプライベート空間へと進化を遂げました。どの角度からも人の視線を程よくカットしているので、いつまでもリラックスしてお庭で過ごすことが出来ます。
DESIGN POINT 2

タイルテラスで過ごすゆったりとしたひととき

3方向をカバーしているのがそれぞれタイプの違う囲いなので、タイルテラスからの眺めも飽きが来ません。移動可能なファニチャーや鉢植えを配置換えすれば、いつもと違う雰囲気でひと時を過ごせることでしょう。
ウッドフェンスの足元も様々な異素材を組み合わせて、こだわりの空間にデザインしています。シンボリックに配置した丸いライトは、夜になるとより存在感を増します。
ウッドフェンスは全て板材を貼らず、人の視線が気になる場所にのみ取り付けました。細い隙間が圧迫感を軽減し、風通しをキープしています。視線の気にならない足元は大胆に空け、軽やかなデザインにしました。

Client Voice お客様の声

感想文