「アジアン」と「和」と「洋」を融合した至高の庭〜野國様邸〜

《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-01

「和」と「洋」を同時に表現する為、和室から見える部分は紅葉や苔、ビリ砂利などで和のテイストを出し、バスルームの窓から見える部分は、「アジアン」の雰囲気を前面に出してみました。和風の庭部分にも違和感無く溶け込む黒の自然石やレンガを多く使い、目隠しにはウリン材を縦と横に張り分けました。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-02

ご要望でありました「アジアン」と「和」の融合をデザインするのはなかなか大変でした。和室前のガーデンルームと同じタイルをアジアン部分にも使用して一体感を持たせ、アジアン部分には白タイルの中にウッドのアプローチを和庭まで導きました。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-03

広々としたガーデンルームは三協立山アルミのハピーナです。従来のガーデンルームのパネルはポリカーボネートだったの対し、ハピーナはすべて本物のガラスなので透明度が違います。折り戸パネルを全開にすれば、本物の開放感が味わえます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-04

アプローチはアジアンテイストの流れをそのままに、和庭の黒い飛び石レンガにつながるように構成しました。使用する色の数を限定する事で雰囲気の異なる庭に一体感が生まれ、「アジアン」と「和」の融合が完成しました。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-05

お風呂前のアジアンガーデンにはシャープな印象の葉を持った植物をメインに配置しました。いずれも常緑なので手入れもさほどかからず、いつでもお風呂からの眺めを彩ってくれます。クローズエクステリアにしてあるので、気兼ねなくどの窓も解放出来ますね。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-06

全体の色調としては、3種の庭全てにマッチするよう白、茶、黒をメインに使いました。花台やアプローチ、立水栓など、全てにおいて計算され尽くした美しさがあります。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-07

ガーデンアプローチには変化を持たせるために門袖壁を配置しました。アプローチの入り口にある壁にはナスカの地上絵のハチドリを入れてみました。材料は試行錯誤の末、熱帯魚用の底砂を使用しました。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-08

植栽でもテーマに沿ったものを選びました。和庭には四季の彩りが感じられるように紅葉する紅葉や同断ツツジを配置。木々が落葉しても寂しくないように常緑のキンモクセイも植えました。秋には目だけでなく花でも植物を愛でられます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-09

紅葉の隣には独特のカバーのライトを設置。沢山空いた隙間から光が様々な方向へと差すので夜の庭はひと味違った魅力に包まれます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-10

ガーデニングがご趣味のお施主様ですが、リガーデン前は道路から丸見えの状態だった為に庭いじりをしている姿を見られるのが少しストレスだったようです。土の面を計画的に区切り、壁とフェンスでしっかりとガードされたお庭では以前の様な悩みは感じませんね。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-11

表面のカーポートはお住まいの雰囲気に合わせたシャープな雰囲気の物をチョイスしました。熱線吸収タイプの屋根材なので、夏の暑い日にお車の中の温度が上昇するのを防いでくれます。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-12

ライティングをしっかり計画したお庭では、夜もまた違う表情を見せてくれるので2重の楽しみが得られます。ナチュラルテイストなお庭にはこのような暖色系の暖かい光がよく似合います。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-13

和室の障子から透けて見える明かりが何とも言えないオリエンタルな雰囲気を醸し出しています。ハピーナの柱を木目調にしてあるので、和のテイストがより一層引き出されていますね。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-14

こちらのお庭は配置上、外からは建物の脇を通っていく様な形になります。脇道の距離がかなり長いため、水はけの為に道に勾配を付けると、手前と奥で30cmほど高くなる計算でした。今回はガーデンルーム施行にあたり、それならいっその事お庭をベースアップしてしまうご提案にしました。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-15

木目調のタイルに導かれるようにお庭のコーナーに行くと、植栽に囲まれたシンボリックな立水栓にたどり着きます。両サイドをバリ風のデザインのレリーフを埋め込んだ壁に挟まれライトアップされる様は、まさに芸術作品の域です。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-16

アプローチの途中にもある立水栓は主に付近の植栽の水やり用です。こちらもシンプルながら美しい佇まいですね。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-17

お庭は日中に人に憩いを与えてくれます。しかし夜になると照明の当たっていないお庭は存在感を消してしまいます。庭照明を少しでも設置する事で夜のお庭を楽しむ事が出来ます。またお住まいも一緒にライトアップする事で家と庭が一体となり、より美しい景観を演出します。

[×]
《ガーデンリフォーム工事写真集》-野國様邸-18

敷地を最大限に使用し、隙のない素敵なガーデンになりました。こちらのお庭は、見事ガーデンデザインコンテストの「シルバーデザイン賞」を獲得しました。

[×]

和・洋・アジアンが見事に融合した美しいお庭に。

ガーデンデザインコンテストの「シルバーデザイン賞」を獲得したこちらのお庭の特徴は、限られた敷地を最大限に使用し、異なるテイストを見事に調和させた点にあります。
違和感なく調和させるために、色調は白、茶、黒をメインに選択。
和とアジアンの場面で同じ素材のタイルやウッドを使用して統一感を出すとともに、花台やアプローチ立水栓などを造作する場所やデザインも計算して配置しています。

 

素材や色を吟味した特別なエクステリアをご提案。

アプローチはアジアンテイストにして、和庭の黒い飛び石やレンガにつながるように構成。
ガーデンアプローチにはメリハリをつけるために門袖壁を配置しました。
アプローチの壁に入れたナスカの地上絵とハチドリは、オリエンタルな雰囲気を演出。材料は試行錯誤の末、熱帯魚用の底砂を使用しています。
カーポートはお住まいの雰囲気に合わせシャープな雰囲気の物を選択。熱線吸収タイプなので車内の気温上昇を抑えます。
和室から見える部分は紅葉、苔、黒のビリ砂利自然石レンガなど様々な素材を使用し、目隠しにはウリンの板材を縦と横に張り分けています。

 

テイストをミックスしたお庭に合うように植栽もテーマに沿って選択。

和庭には四季の変化を感じられる紅葉やドウダンツツジを配置。常緑のキンモクセイも植えました。
紅葉の隣にはライトを設置し、夜でも植栽を楽しめるようにしています。
お風呂前のアジアンガーデンにはシャープな葉の常緑樹を植栽。クローズエクステリアなのでいつでもお風呂から眺められるのが嬉しいですね。

 

ガーデンルームでゆったりと自分の時間を満喫。

三協立山アルミのハピーナは、パネルが全て本物のガラスなので透明度があるのが特徴です。
柱は木目調で和のテイスト。折り戸パネルを開けることで、また違った表情を見せてくれます。
今回は水はけの問題を解決するため、お庭をベースアップしてから設置しています。

 

計画的にライトアップされたお庭は昼とは違う美しい表情に。

暖色系の光がハピーナや植栽、木目調のタイルを照らして、夜も美しい雰囲気になっています。
バリ風のレリーフが埋め込まれた壁に挟まれた立水栓も、ライトアップされて更に存在感が増しています。
アプローチの途中にある植栽の水やり用の立水栓も、シンプルながら美しく照らし出されています。

 

お客様からのお喜びの声

お客様からのお喜びの声