ガーデンリフォーム工事施工事例集

モダンなライティングで生まれ変わったエクステリア〜齋藤様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

アプローチはホテルのエントランスを思わせる演出に

齋藤様邸のアプローチはコンクリートのままでどこか寂しい印象でした。また車の動線と人の動線が重なり、使いにくい状態。ご家族とお客様を出迎えるエントランスですから、デザインにも凝ったものにしたいと思いますね。齋藤様邸は前面の道路から玄関までに距離があるので、この長さを活かしたアプローチをデザインしました。コンクリート部分の半分を解体し、車と人の動線を分けます。人の動線は乱形石を貼り重厚感のあるアプローチに。天然石特有の色幅がアプローチの表情を豊かにします。そして乱形石貼りのアプローチを進んだ先には自転車置き場をつくりました。玄関ポーチに階段とスロープをつけたので、玄関前まで自転車を運ぶことができます。日々の乗り降りも楽になりますね。今までは通りに面した所に置いていた自転車も、敷地の奥にしまうことで盗難防止に繋がります。

齋藤様邸にはもう一つ課題があります。それは隣地境界にあるコンクリート擁壁です。圧迫感がありますし、コンクリートゆえに無機質で冷たい印象がありました。こちらはお隣様と共有しているものなので、解体するわけにもいきません。そこで、この壁を利用して圧迫感を軽減させる方法をご提案させて頂きました。その方法とは、壁の前に花壇をつくり、コンクリート擁壁の見える部分を少なくすることです。また花壇の植栽がコンクリートの冷たさを和らげる存在に。

夜はこの壁面を利用したライティングで、ホテルのエントランスのような高級感溢れるアプローチへと姿を変えます。さらに入り口に付けたフレームによってラグジュアリーな雰囲気をプラス。フレームを敷地の間口いっぱいに伸ばすことで、横幅が強調され、お住まいとお庭に広がりを感じさせます。フレームの効果はそれだけではありません。フレームを設置することにより、敷地の内と外が明確になり、そこをくぐると”我が家に帰ってきた”という安心感を抱くことができます。フレームにダウンライトを取り付け、夜のアプローチを優しく照らします。味気ないと感じていたエクステリアが一新されました。

DESIGN POINT 2

採光性のあるパネルフェンスで目隠しを

ガーデンスペースにはフェンスが取り付けられていましたが、人の視線を遮る高さではなかったので、道路からリビングが丸見えの状態でした。プライバシーを確保するため、既存の化粧ブロックの上に新たにブロックを積み、ポリカーボネート製のパネルフェンスを設置。南側に面したガーデンスペースなので、採光性のあるフェンスを選びました。目隠しをしながらガーデンスペースの明るさも保つことが可能です。掃き出し窓からそのまま出られるようタイルステップを造作しました。レンガ積みの花壇と天然芝で、自然味溢れるガーデンスペースに。

Client Voice お客様の声

感想文

「すごく素敵になったね」近所の方から外構のことで声をかけられることが多くなりました。外構が完成してから家の周りが明るくなり、毎日ライトアップされた外観を嬉しく思い眺めています。
昨年家を建てた時、外構の事まで頭が回らずそのままハウスメーカーに依頼しました。打合せ数十分で出来たコンクリート打ちっ放しの簡素な外構。少し自分達でいじれたら良いなと考えてはいたものの、どう手を付けたらいいのか分からず諦めかけていました。そこでネットで偶然癒樹工房さんを見つけ相談にのってもらうことに。
初めての打合せはとても楽しかったのを覚えています。外構に関する引き出しが多く、新しく外構が生まれ変わる希望を見い出せました。
今ある現状の外構を生かしつつも、ガラッとおしゃれにしたい、暗い家周りを明るくしたい等、多くの要望を出しました。それに対し一つひとつ真摯に向き合って下さり、全ての要望が想像以上の仕上がりに。
外観の素晴らしさはもちろんのこと、機能面でも私達のことを考えて下さり、今まで洗車も出来なかった庭で洗車が出来るようになり手入れも格段にし易くなりました。
本当に感謝の気持ちで一杯です。癒樹工房さんにお願いして本当に良かったと思いました。ありがとうございました。

齋藤