ガーデンリフォーム工事施工事例集

プラスGとデザインウォールで重厚感漂うエクステリアに~一木様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

プラスGで迫力のあるエントランスを演出

リガーデンを行う前の一木様邸は玄関まわりが少し暗く感じられる状態。また玄関前には門扉が付いていましたが、大きなお住まいに対してファサードが小さく寂しい印象でした。
しかしリガーデンによって3階建ての大きなお住まいにふさわしく、ファサードにもボリュームを出し、白い外壁に対して、黒を基調とした落ち着きのあるエクステリアにデザインしました。
リガーデン前と同じく両開きの門扉を設置していますが、大きく違うのはゲートとデザインウォールを設けたことです。このゲートはLIXILのプラスGという商品。プラスGによって、ご家族とお客様を迎えるエントランスの存在感を強調します。プラスGには縦格子を取り付け、デザインのアクセントに。この縦格子の後ろには鉢植えのシンボルツリーを配置し、格子と格子の隙間から緑を覗かせるようにしました。奥ゆかしい美しさが感じられます。通りに面した位置にシンボルツリーを配置する場合、枝葉が敷地の外に出てしまい、通行の妨げになってしまうことがあります。しかしゲートの内側ならそうした心配も必要ありませんね。
そしてプラスGのゲートに繋がるようにお住まいの壁面に沿ってフェンスを設置。ゲートだけでは浮いてしまいますが、フェンスによってファサードの横幅を大きくすることで、お住まいに対してバランスの取れたエントランスが完成します。
さらに壁沿いにフェンスを設置することで、お散歩してるワンちゃんのマーキングなども防ぐことが可能です。
今までは目隠し効果のある門扉を使用されていましたが奥まで光が届かず、玄関前を暗くしてしていました。新たに設置した門扉は奥を見せるようなデザインにし、玄関まわりに光が入るようにしています。また通りから玄関が見えにくいと不審者に狙われてしまう場合がありますが、あえて玄関を見せることで死角をなくし、防犯性を高めています。
さらにファサードにボリュームを出すために、造作したのがデザインウォール。濃灰色のデザインウォールはファサードに重厚感を与えます。前面が道路ですので、ポストは防犯面を考慮し、前入れ後ろ取り出しタイプをセレクト。正面には投函口のみが出ているので、イタズラ防止にもなります。スクエアなイメージのお住まいに合わせて、ポストや表札はスタイリッシュなものを取り付けました。

DESIGN POINT 2

夜も存在感のあるファサードに

夜はエクステリアライトによって玄関まわりを明るく照らします。リガーデン前は玄関の壁面に取り付けてある照明のみでしたが、新たに鉢植えのシンボルツリーの横にポールライトを設置しました。歩行の際に足下が明るく照らされているので、安心感があります。また鉢植えの中に隠したスポットライトは植栽を照らしながら壁面と天井に植栽の影を映し出します。アクセントの縦格子から漏れる優しい光がエントランス全体を包み込み、お帰りになったご家族を迎えてくれることでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

築25年手をつけてこなかった玄関回りを今回リフォームしていただきました。
味気ない無機質な玄関でしたが、今回のリフォームで本当に素敵に仕上げていただきました。インターネットの検索で見つけた会社で大掛かりな工事をお願いすることに正直不安もありました。
ですが、初めて打ち合わせて来てくださった癒樹工房さんの真摯な姿に、すぐに工事依頼を決めました。その後、提案くださった図面もとてもオシャレなもので昼と夜のイメージも見せてくださり、とてもわかりやすく出来上がりが楽しみな素敵なものでした。
工事に来てくださった方もとても丁寧な作業をしてくださり、親切に工事の工程も途中途中で説明してくださるなど、本当に安心できる方々でした。
ご近所の方々にも「玄関素敵になったのね」とよく声をかけていただく程、おしゃれに仕上げていただきました。家族も帰宅して玄関を見るのが楽しみと言う程、本当に素敵に作っていただき心より感謝しております。本当にありがとうございました。

一木 弘子