狭いようで狭くない魔法のゲート〜高橋様邸〜

敷地をセットバックして建てた二世帯住宅の高橋様邸。二世帯住宅の門まわりは2つのエントランスを凝縮したスペースなので狭く感じてしまい勝ちですが、ゲートで大きく囲うことで空間を広く思わせる効果をプラスさせました。ポストなどのアイテムもバラけさせることで場所を取らず、それぞれの世帯を認識することも可能な、すっきりとしたエントランスの完成です。

[×]

ロートアイアンのアイテムで固めた左側は子世帯、デザインウォールを設けた右側は親世帯のお住まいの入り口です。親子でもお好みの素材は違ってきますが、間にゲートを挟むことでそれぞれの空間をうまく一つのデザインに落とし込んでいます。

[×]

玄関回りのスペースに余裕はあまりありませんが、小さな花壇をピンコロで設けました。人が足を踏み入れないデッドスペースをうまく有効活用し、ゲートの柱の場所も確保する一石二鳥のデザインですね。

[×]

お住まいの前面に広がるのは二世帯分のカースペースです。お車が停まっていても場に華やかさを感じられるよう、駐車場の脇の部分に明るめの乱形石を多く取り入れました。カースペースは建物に直接付けず、タマリュウの草目地を間に噛ませて緑を感じられる空間に仕上げています。

[×]

夜になると高さの違うライトが一斉に光り出し、降り注ぐ明かりが安心感と美しさをもたらしてくれます。これだけ明るいとオープンエクステリアでも安らぎを得られますね。

[×]

LIXILの汎用剤、プラスGで造作したゲートは内部に配線を組み込めるので、このようにダウンライトをアプローチの上部に取り付けることも可能です。上から照らされる夜のアプローチは、一層の特別感を感じられます。

[×]

奥様がカラログをご覧になって一目惚れした表札は美濃クラフトのアイアンクラフト表札です。まるで魔女の宅急便の看板のように可愛らしい表札が、暖色系の光りに照らされて夜ならではの魅力に包まれています。

[×]

ゲートとアイアンのアイテムでエントランスを素敵に演出

敷地をセットバックして建てた二世帯住宅の高橋様邸。二世帯住宅の門まわりは2つのエントランスを凝縮したスペースなので狭く感じてしまい勝ちですが、ゲートで大きく囲うことで空間を広く思わせる効果をプラスさせました。ポストなどのアイテムもバラけさせることで場所を取らず、それぞれの世帯を認識することも可能な、すっきりとしたエントランスの完成です。
ロートアイアンのアイテムで固めた左側は子世帯、デザインウォールを設けた右側は親世帯のお住まいの入り口です。親子でもお好みの素材は違ってきますが、間にゲートを挟むことでそれぞれの空間をうまく一つのデザインに落とし込んでいます。
玄関回りのスペースに余裕はあまりありませんが、小さな花壇をピンコロで設けました。人が足を踏み入れないデッドスペースをうまく有効活用し、ゲートの柱の場所も確保する一石二鳥のデザインですね。
お住まいの前面に広がるのは二世帯分のカースペースです。お車が停まっていても場に華やかさを感じられるよう、駐車場の脇の部分に明るめの乱形石を多く取り入れました。カースペースは建物に直接付けず、タマリュウの草目地を間に噛ませて緑を感じられる空間に仕上げています。

高橋様邸_感想文