ガーデンリフォーム工事施工事例集

日本の情緒を感じさせるナチュラルエクステリア〜石井様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

既存のエクステリアデザインに和テイストをプラス

石井様邸では既存のエクステリアに左官仕上げのデザインウォールと縦格子を使ったデザインを採用しています。落ち着きのあるデザインをガーデンスペースにも取り入れて、リガーデンを行いました。全体をデザインウォールで覆ってしまうと、空間が暗くなってしまいますし、圧迫感が出てしまいます。さらに外部から人が侵入したときに死角ができてしまい、防犯面も心配です。そこでデザインウォールとデザインウォールの間には縦格子のフェンスを組み込み、圧迫感を軽減すると共に、死角をなくす工夫を施しました。また縦格子のデザインは奥が見え隠れして、奥ゆかしい和の趣を連想させます。デザインウォールの内側には、温かみを感じる大谷石のラインを入れて景観に変化をつけました。和テイストのデザインを加えながら、圧迫感を軽減します。
既存のエクステリアとデザインが統一されているので、新たにつくった部分が浮いてしまうことなく、綺麗に融合しました。

ガーデンスペースには人工芝が敷設してありましたが、この人工芝を活かしながら、ガーデンスペースの大部分をウッドデッキにすることで、お手入れいらずで、快適な空間にデザインしました。このウッドデッキは人工木製。表面には溝があり、天然木のようなナチュラルな風合いが感じられます。人工木のウッドデッキはメンテナンスフリーなのも魅力の一つです。室内のフローリングと色合いを合わせれば、リビングが広くなったような感覚になります。ウッドデッキのコーナーには、植栽スペースをつくり、ナチュラル感いっぱいのガーデンスペースにデザイン。
デザインウォールによってプライバシーが保護されているので、リビングでもウッドデッキでも周囲の視線を気にすることなく過ごすことができます。またウッドデッキの側面にはステップを付けたので、駐車スペースにも行き来が可能です。
デザインウォールには立水栓機能をプラスし、スッキリとした水回りに。お車の洗車にも使いやすい位置に配置しました。

DESIGN POINT 2

落ち着きを感じさせる夜のエクステリア

ウッドデッキにはグランドライトを設置し、大谷石でつくったラインを下から照らします。大谷石は柔らかい石質ゆえに古くから日本の建築に使用され、様々な美をつくり出してきました。石井様邸でも大谷石の凹凸が、光りに染められ景観を飾ります。
大谷石が持つ素朴な美しさは、眺めるだけで心を静めてくれることでしょう。また大谷石のライン上にマリンライトを取り付け。高さを変えてガーデンスペースを照らすことで、空間に立体感が生まれます。明るさが確保されているので、夜も活用できるガーデンスペースになりました。
コーナーの植栽もアッパーライトで照らし、デザインウォールに陰影を映し出します。直線的なデザインの中に自然が描く曲線美が溶け込み、情緒溢れる空間に。

Client Voice お客様の声

感想文

家を建てる時に、他の施工業者さんにお願いをしてお庭を作ってもらいました。自分たちなりに「活用しやすいように」「子供達が遊べるように」と考えて作ったはずでした。・・・が、植栽は伸び放題でハチの巣を作られたりと全く活用できておらず悩んでいました。
そんな時に救いの手を差し伸べてくれたのが癒樹工房さんでした。打ち合わせをしていくうちにウッドデッキを作りたい、ライトアップさせたい・・・と気持ちがワクワクしていきました。しかしその一方で予算の問題が・・・。私たちの要望と予算が近づくまで丁寧に何度も話し合いを進めてくださいました。
完成したお庭を見て、本当にお願いしてよかったなと思います。大満足です。ありがとうございました。

石井 正義