大人の男のスクエアエクステリア~斉藤様邸~

saito05-01

色彩は白と茶でまとめ、曲線を極力排した男性好みのエクステリアに仕上げました。ご主人のご希望・ご要望を全て取り入れ、使い勝手のいいシャープな雰囲気になりました。

[×]
saito05-02

細身の茶のボーダータイルの上にウッド調の表札をプラスし、さらにスタイリッシュに。オフホワイトのアルファベットがアーバンらしさを演出しています。

[×]
saito05-03

玄関周りは門袖壁とアルミの汎用材でしっかり覆い、サブの駐車場にも使える主庭のスペースはゆとりを持った作りにしました。お子様もお友達を呼んで元気に遊べます。

[×]
saito05-04

門袖壁の左側には天然の枕木を立たせました。経年による変化で、年を重ねるごとに表情を変えていきます。

[×]
saito05-05

スタイリッシュなカーポートは玄関前の汎用材の柱と色を合わせシャイングレーにしました。敷地ギリギリまで空を覆うため、少し大きめのものを現場でピッタリに切り詰め加工したこだわりの品です。

[×]
saito05-06

汎用材の足元や主庭の一部に下草を入れました。下草の周囲には玉砂利を敷き、土の面を出させないことで泥はねを防止してあります。

[×]
saito05-07

黒のピンコロに縁どられた花壇には大小さまざまな植栽が。グリーンを平面と立面の境目に効果的に入れることで、空間をぼやかし広く見せることが出来ます。

[×]
saito05-08

リビングの窓からはこんな素晴らしい景色が眺められます。太めの枕木と横桟のウッドフェンスがリズミカルに混在し、ハンギングバスケットが立体的に場を彩っています。

[×]
saito05-09

主庭部分はオープンなので、外で遊ぶには持って来いの空間です。土を計画的に区切ってあるので、汚れの心配もなく水遊びもできます。

[×]
saito05-10

カーポートの柱部分にはオリジナルのボックスを造作。長めのアウトドア用品をしまうのに最適なアイディアです。

[×]
saito05-11

どんなに立地が良くても人の視線を全方向から受けていてはプライバシーが保たれず、お庭の持ち腐れになってしまいます。快適な生活のためには、家と同じくらいお庭も大切になってきます。

[×]
saito05-12

多少の土留めのブロックもかええてお庭の利便性・可能性を狭めてしまうので、撤去しました。既存のイメージを壊すことで、施工前とは別宅であるかのような見事なお庭へとなりました。

[×]

白と茶色を基調としたスタイリッシュなオープンエクステリア。

施主様のご希望・ご要望を全て取り入れ、スクエアのアイテムでまとめたシャープな雰囲気に仕上げました。
門袖壁にはオフホワイトのアルファベットがアクセントになっている木目調の表札を設置。茶色のボーダータイルともマッチしています。
左側には天然の枕木を立たせ、玄関周りはアルミの汎用材でしっかり覆い、下草を植栽しています。

 

カーポートはしっかり敷地を覆うために現場で加工。

駐車スペースを敷地ギリギリまで覆うために大きめのものを切り詰め加工をしたので、カーポートはジャストサイズになっています。
お色は玄関前に設置した汎用材の柱に合わせてシャイングレーを選択。
カーポートの柱部分にはオリジナルの収納ボックスを造作してあるため、釣り具などの長めのアウトドア用品も収納可能です。

 

広い主庭は植栽やウッドフェンスで安らぎの空間に。

サブの駐車場としても使える広い主庭には、黒いピンコロ石花壇や、太めの枕木と横桟のウッドフェンスを使用した目隠しを造作。
ハンギングバスケットがあることで、より華やかな印象になっています。
また下草なども豊富に植栽し、周囲に玉砂利を敷きくことで泥はねを防止しています。
主庭部分はオープンスペースになっているので、お子様も楽しくのびのびと遊ぶことが出来るようになりました。