ダブルフェース

遂に登場。柱の無いカーポート ~ダブルフェース~

ダブルフェース写真1

カーポートの柱が車庫入れ時に運転者に与えるプレッシャーは見た目以上のものがあります。
4本や6本の柱で支えるタイプのカーポートは、車の出し入れや玄関への動線がスムーズではありませんでした。
それに、屋根がクリアタイプで太陽光がしっかりと入れられるタイプのカーポートであっても、柱の存在によってどうしても開放感に欠けるデザインになってしまいがちでした。
カーポートをデザインで選ぶ際に、屋根のデザインに目がいきがちですが、開放感を重視するのであれば、柱の位置が機能性の面でも、デザイン性の面でも重要な要素となります。

とにかく開放感重視。
人や車の出入りのしやすさ重視。

そんな方におすすめしたいカーポートが、二つの顔をもつカーポート、「ダブルフェース」です。

ダブルフェース写真2

「ダブルフェース」は、2台駐車まで片側支持で対応可能なワイドタイプのカーポートです。
設置条件、お客様のライフスタイルに応じて、側面支持背面支持の2タイプから柱の位置をお選びいただくことができます。

従来は、2台駐車対応のカーポートでは、両側支持により柱4本(片側2本ずつ)または柱6本(片側3本ずつ)が必要でした。
「ダブルフェース」は、業界初となる片側支持での柱3本対応を実現しています。

ダブルフェース写真3

さらに、「ダブルフェース」は、上吊りタイプの先進的なデザインで他のカーポートを圧倒する高いデザイン性を有しています。
3本の強靭な柱とアームで屋根をささえる上吊りタイプの屋根は、ダイナミックで力強い印象を与えながらも、洗練されてシャープな印象も与えてくれます。

ダブルフェース写真4

さらに、上吊りタイプの屋根デザインは、見る角度によってイメージが変化し、刻々と変化する陽ざしに照らされて様々な表情を楽しむことができます。
それでいて、太めのどっしりとした柱とフラットでシンプルな屋根デザインが全体的にバランスのとれた一体感のある安定した美しさを表現しています。

二つの相反する印象が、住宅外観に強いインパクトを与え、他とは一味違った住宅外観を演出します。


また、「ダブルフェース」は、細部のデザインにまでこだわっています。例えば、柱にさりげなく入れた凹凸は、全体に高級感を与え、凹凸がつくりだす陰影がシンプルなデザインに深みを出しています。
形材色を基本に、屋根の前枠・樋または側枠に木調のアクセントをプラスすることもできますので、門扉やフェンスなどとのトータルにコーディネートすることができ、ファサード空間を統一的にデザインして楽しむこともできます。

ダブルフェース写真5

「ダブルフェース」は、機能性の面でも優秀です。
側面支持タイプは、居住スペース前に駐車スペースがある場合に特にお勧めです。柱が視界に入りませんので、部屋からの眺めが開放的になります。
さらに、片側にしか柱がないため、車からの見通しが良く、車の出し入れや乗り降りが容易になります。 柱が邪魔をしませんので、玄関への動線もスムーズになります。

ダブルフェース写真6

背面支持タイプは、左右に柱のない背面支持で広々としたカースペースを実現しています。
屋根下に大きな開放感を得ることができ、駐車スペースから玄関までの動線もスムーズです。
両側に柱がないので、2台駐車であっても、どちらの車も柱を気にせずに車の出し入れをすることができます。車からの見通しが良く、柱が邪魔をして歩行者が見えないということもなく、安全に車の出し入れができます。
車からの乗り降りも柱にドアをぶつける心配がありません。
背面支持は、運転者にも、同乗者にも、駐車スペース前の歩行者にも、安心と安全を確保して、みんなに優しいカーポートです。

ダブルフェース写真7

「ダブルフェース」は、機能性とデザイン性に優れたカーポートです。
その美しさと快適性は、カーライフを豊かにしてくれます。

車をじっくりと選ぶように、カーポート選びもじっくりと。

じっくりと選び抜いた愛車に「ダブルフェース」をご用意してみてはいかがでしょうか。

「ダブルフェース」は、高いデザイン性で愛車に彩りをそえます。
「ダブルフェース」は、高い機能性でご家族に大きな満足感を与えます。

「ダブルフェース」で、カーライフをもっと豊かに。
「ダブルフェース」は、ライフスタイルも豊かにします。

ダブルフェース写真8