人工芝

次世代ウッドデッキ

お庭の工事で最も要望の多いものの一つが、「芝生」です。

小さなお子さんのいる家庭では、狭い庭でも芝生を敷いてみたい」というご要望を多く頂きます。
キレイに手入れのされた芝生は見た目も美しいですし、裸足で遊んだり寝ころんだりするのに最高です。
「新築住宅=芝生の庭」というイメージも強いのかもしれませんね。

人工芝(リアリーターフ)写真2

映画や写真で目にする欧米の住宅では、必ずと言っていいほどお庭が一面緑の芝生で敷き詰められています。
日本の住宅・敷地事情だとそこまで広いお庭を確保することがそもそも難しい問題ですが、芝生に対する憧れは多かれ少なかれ皆さんお持ちのようです。

ただ、今まで一度も芝生の手入れをしたことのない方には、失礼ながらこのように必ずお伝えします。

「芝生の庭を綺麗に維持するのは大変ですよ・・・」

《天然芝の欠点。》

人工芝(リアリーターフ)写真3

芝生を敷いたことのある方ならその大変さがよくわかると思います。
根付くまでは毎日水やりをしなくてはなりません。
夏場で晴れの日が続くと、すぐにところどころ茶色くなってしまいます。
雑草はあっという間にいたるところから出てきます。
芝生自体の成長も早く、どこまでも伸びてしまい、ちょっと放っておくと草むらのようになってしまいます。
夏休みに家族で長期間旅行に出かけたりすると、帰ってきたときにとんでもないお庭の光景を目にすることになります。

枯れたり捲れ上がってしまったところには「目土(めつち)=土を撒くこと」という作業も必要です。

また、芝の上で遊ぶとだんだん土が固まってくるため、数年に一度、「エアレーション」という作業を行って、土をほぐし、空気を入れてあげる必要もあります。

女優さんのように、完璧な美しさを維持するためには、実は相当な労力がかかるのです。
「憧れの芝生の庭」は、そんな努力を続けることで、ようやく目にすることが出来るものなのですね。

だから、庭作業の苦手なご家庭に芝生を敷いたりすると、あっという間に最初の美しさは影も形もなくなり、ただの「草むら」を目にすることになります。

本来、芝生のお庭というものは、
そういう手間隙を惜しまず、楽しんで手入れの出来る方だけが
持つべきものなのです。

 

しかし、芝生の人気はやはり根強いものがあります。
緑一面に敷き詰められたお庭を造りたいという憧れは、多くの方に共通するもののようです。

《人工芝の欠点。》

そこで、芝生の維持は出来ない(やりたくない)けど、芝生の庭が欲しい
という方への解決策として「人工芝」があります。

人工芝(リアリーターフ)写真4

ちなみに、皆さんがイメージされる「人工芝」はどんなものでしょう?
よくホームセンターで見かける、堅く、濃い緑色の、まさに「人工的に」作られた、ウソ臭いものではないでしょうか?
従来の人工芝とは、まさにそういうもでした。
天然の芝生とは、あまりに違いすぎます。
庭に敷き詰めたからといって、「うわー、キレイ!」とは全く思えないクオリティーです。

子供を遊ばせたり寝転んだりするには硬すぎ、雨が降れば水が溜まってしまいます。
初めて人工芝が登場してから数十年の間、そういうものしかなかったのです。

《欠点を克服した人工芝との出会い。》

私たちは「高いデザイン性」をウリにしているエクステリア工事店ですから、そんなレベルの人工芝をお客様にお薦めすることは出来ません。

プロの目から見て、まったく妥協することなく
自信を持ってお客様に薦められる人工芝はないのか・・・

そんな思いで数年間にわたって
最新の人工芝をチェックしてきました。
そして遂に、私たちが見ても「本物を超えた」人工芝に巡り会ったのです。
リアリーターフ 画像

それがこの【エバーグリーン】です。

 

《なぜこんなに“リアル”に見えるのか??》

その仕組みは、「4色のパイルの組み合わせ」にあります。
表面の『緑の芝』の部分には、グリーンライトグリーンの2色のパイルを組み合わせ、下部の『枯れ芝』の部分には茶系のカーリングパイルを使っています。
この絶妙の組み合わせにより、まるで天然芝を敷いたばかりのような “ナチュラル”な雰囲気を見せることが出来るようになりました。
しかも、芝の長さは天然芝を上回る「40mm」
フカフカの芝が足腰にかかる負担を劇的に低減し、お子様が走り回っても安心です。

人工芝(リアリーターフ)写真5

《『強力防草シート+人工芝』で最強の庭を実現。》

天然の芝生の問題は「管理が面倒」なことに尽きます。
芝刈りはもちろん、芝の間から縦横無尽に生えてくる雑草の除去も大変な作業です。
人工芝にすることで、「芝刈り」の手間はゼロになりますが、これだけでは不十分。
人工芝の「継ぎ目」から生えてくる雑草の対策も施すことで「完全ノーメンテナンス」の理想的なお庭が完成します。

人工芝の「継ぎ目」から生えてくる雑草の対策も施すことで
「完全ノーメンテナンス」の理想的なお庭が完成します。

人工芝(リアリーターフ)写真6

雑草対策には、強力な防草シートを使用しています。
水は通すけれど太陽光を通さない特殊なシートなので、雨が降っても水浸しになることもなく、日光が遮断されるので、そもそも雑草が生えてきません。
この「強力防草シート+人工芝」という組み合わせにより、手間いらずで見た目も美しく、使って楽しい最高のお庭が完成します。

エバーグリーンを使用した施工例

リゾートホテルを思わせるラグジュアリーな異空間エクステリア~松本様邸~

ブログ 青いモザイクタイルが爽やかなガーデンシンク〜中澤様邸〜

人工芝(リアリーターフ)施工例写真1

ウッドフェンスと人工芝のナチュラルガーデン~萩原様邸~

人工芝(リアリーターフ)施工例写真2

レンガとウッドデッキに癒やされるナチュラルガーデン~川野様邸~

人工芝(リアリーターフ)施工例写真3