自然石とウッドの共演で高原の別荘を演出~菊池様邸~

kikuti01-01
kikuti01-02
kikuti01-03
kikuti01-04
kikuti01-05
kikuti01-06
kikuti01-07
kikuti01-08
kikuti01-09
kikuti01-10
kikuti01-11
kikuti01-12
kikuti01-13
kikuti01-14
kikuti01-15
kikuti01-16
kikuti01-17
kikuti01-18
kikuti01-19
kikuti01-20
kikuti01-21
kikuti01-01-サムネイルkikuti01-02-サムネイルkikuti01-03-サムネイルkikuti01-04-サムネイルkikuti01-05-サムネイルkikuti01-06-サムネイルkikuti01-07-サムネイルkikuti01-08-サムネイルkikuti01-09-サムネイルkikuti01-10-サムネイルkikuti01-11-サムネイルkikuti01-12-サムネイルkikuti01-13-サムネイルkikuti01-14-サムネイルkikuti01-15-サムネイルkikuti01-16-サムネイルkikuti01-17-サムネイルkikuti01-18-サムネイルkikuti01-19-サムネイルkikuti01-20-サムネイルkikuti01-21-サムネイル

  

自然石とウッドの共演で高原の別荘を演出。

避暑地の別荘と見間違うような素敵な佇まい。光と木のコラボレーションで前庭を彩り、乱形石をあしらったシャッターゲートが見る人の心を奪います。前庭の下部に見えますレンガ花壇は元々あったものです。既存物をデザインにうまく取り入れるのもデザイナーの腕の見せ所です。

ウッドフェンス、コニファーを加え新たに生まれ変わりました。どこまでも続くようなカースペースを彩るのはランダムな馬目地状に敷き詰めた自然石の平板です。アール状に狭めていくことで、奥への動線を暗示しています。

施主様の思いがぎゅっと詰まった世界に一軒だけの素晴らしいおうち。このおうちにふさわしいお庭は何か?癒樹工房全スタッフの知恵を注ぎ込み、出来たお庭がこちらです。そこには「何となく」という理由で存在しているものはありません。全てに癒樹工房の知識と職人の技術が込められています。

 

 自然の風合いが楽しめる安らぎの空間。

主庭となるスペースは、手を加える前は電柱が見えていました。電柱は動かすことも覆いきることも出来ないので、アイストップという技法で目立たなくしました。隠そう隠そうとするのではなく、目を向かせるアイディアを散りばめることで不要なものを意識させなくします。

大きな掃出し窓を2セット分カバーできる大きな半円のテラスはご家族の憩いの場です。様々な種類の雑木たちに風が吹いてサラサラと音がなれば、森林の中にいるかのような爽やかな気持ちにさせてくれます。ナチュラルな雰囲気を出すのに最適な石材は、ネグロストーンという乱形石です。表面は穏やかな割り肌の自然な乱形石です。深みのあるアースブラウンは、ガーデンシーンに不変の落ち着きを与えます。広めの水受けは、使用の用途を選びません。

駐車場の後ろはデッドスペースになり勝ちになってしまうので、そこに植栽を呼び込み四季の風情を感じられるミニガーデンにしました。小さなお庭は、車からフェンスを守るクッションにもなり得ます。さらに花壇カーポートの雨樋を落とすことで、駐車場を雨水の汚れから守ってくれます。

 

やさしい光に包まれた緑あふれるエクステリア。

 夜、改めて意識するのがプライバシー性です。ライティングを多用しても周囲の目から解放されるよう、おうちを囲うウッドフェンスは高めに設計しました。玄関横の高めの階段は、難点をカバーするようにライティングに十分考慮しました。一段一段フットライトで足元を照らせば、ドライバーと玄関をつなぐ道しるべとなります。美観と安全、どちらも外せない大事な要素です。

夜も深まると、テラスと芝の段差が危険の元になります。解決策としてテラスの際にフットライトを埋め込みました。また、植栽が途切れ寂しくなりやすい敷地の角には、シンボリックな雑木をレンガの花壇内に据え、周りをボリューム満点の下草類を寄せ植えすることで、空間をしっかり埋めました。